2019年01月03日

ペーパー模型の家をNゲージに

201901_1.jpg

 1990年ごろから設計業務に加えた南チロルのログハウスを、1/100のペーパーモデルにして20年前にホームページに掲載しましたが、最近になってNゲージの鉄道モデルに合わせ、1/150サイズで作ってみました。

 ペーパー模型は、グハウスの雰囲気を出すため、外壁のノッチ部分を折り返し交差させ、梁の出や、屋根の軒先、軒天井の板模様などを表現するなど、こだわって作図したため、細かくなり製作には数回失敗しましたが、製作する紙をやや薄い0.15mmを使用し何とか完成させ、スイスの高山鉄道と共に写真を撮ることができました。

 下記のホームページからダウンロードできるよう一部修正し掲載していますので、ご興味のある方は製作にチャレンジしてみてください。

201901_2.jpg

掲載サイト
http://www.tirolhaus.com/rb/pm/
posted by tirolhaus at 15:47| その他

2018年06月18日

ログハウスの省エネ基準

0618_1.jpg

 2020年から300u以下の建物にも改正省エネ基準が適用され、国土交通使用が断熱構造化が困難とされている建物の中にログハウスも含まれていますが、昔ショールームとして八ヶ岳に建てたログハウス(ルブナー社:南チロル)は、日本より寒いヨーロッパ各地で建設されており、寒冷地仕様として断熱材を設置した外壁や屋根断熱材の補強で対応しています。

 昔建てたログハウスは、改正省エネ基準では8地域の沖縄にしか建設できませんが、日本各地に建設するためにはどの程度補強が必要かを知つておくため、新しい基準にあわせシュミレーションした結果、1〜3地域の寒冷地には、断熱二重壁などの設置が必要になり、4・5地域では、108mm幅のログ材や屋根断熱材の補強、6・7地域では84mm幅のログ材を使用することが確認できました。

 ルブナー社のログハウスは、雨戸付き木製サッシや大きな軒の出などと省エネ計算に有利な点も多くあり、これからログハウス建設を検討されている方のご参考にしてください。
150113_3__800x600.jpg


参考サイト
http://www.tirolhaus.com/rb/memo_bh/memo3.html
posted by tirolhaus at 16:18| ログハウスの勧め

2018年05月10日

高濃度のシロアリ駆除

0510_1.png


 健康住まいが高まる中、農薬系のシロアリ駆除に代わってホウ酸塩を使用した防腐防蟻処理を選択する建築主や施工業者も増えてきました。

 ホウ酸塩を使用した防腐防蟻処理は、ニュージーランドでは70年以上前から始まっており、日本よりの歴史が長い海外では処理濃度の高い地域も多く、アメリカでは高濃度の加圧注入土台を販売し、外部から進入するシロアリが最初に近づく土台まわりを特に強化しています。

 国内のホウ酸塩防腐防蟻処理の広がりはこれからで、加圧注入による高濃度の防蟻処理は施設も少なく満足に普及してないため、小規模の「どぶ漬け」であれば、工務店や大工さんなどでも準備しやすく、海外の防腐防蟻に倣い土台まわりの強化を推奨し、支援するための「濃度算定シート」をつくり、情報などをホームページに掲載しています。

0510_2.png

【 高濃度の予防 URL 】
http://kominka.yanoss.jp/eco/01_dot/dot2_5work_high.html
posted by tirolhaus at 10:49| エコ建材