2015年06月06日

ログハウスの2020年省エネ対策

20150606_1.jpg

N0.4の計算結果

 2020年の省エネ基準に基づく無料の外皮計算フォームを使用し、23前に建設した八ヶ岳のショールーム(マシンカット)をベースに基準にあわせたログハウスの外周壁補強方法を検討ログハウスの外壁補強方法をシュミレーションし、算出した暖房一次エネルギー消費量から年間灯油代で比較し、毎年の差額で建設増額を補足することを確認しました。
 快適に暮らすため省エネ基準が実施される2020年以前のログハウス建設にも検討していただければと思っています。

●建物概要
150113_3__800x600.jpg

建設地 長野県諏訪郡原村
構造 木造丸太組(Dカットログ t=92)
規模 地上2階(100.42u)、地下1階(71.75u)
地域区分 3  ※基準Ua値 0.56 w/uK
●ログハウスの断熱補強
        Ua値※1 判定  暖房消費量 年間灯油代(\100/Lとして算定)
        (w/uK)     (MJ/戸年)
基準値      0.56
1)現状の建設   1.04 不適合  78,651  \212,570  (差額)
2)壁断熱材 t=60  0.50 適合   49,161  \132,867  \79,703
3)壁断熱材 t=80  0.46 適合   46,362  \125,205  \87,365
4)壁断熱材 t=100 0.40 適合   42,129  \113,862  \98,708  ※屋根断熱120
※No.3,4は北海道など地域区分1の建設基準に適合

●参考 地域区分 6 (愛知県など)でのログハウス建設
        Ua値※1 判定 冷房期※2 判定
 基準値     0.87      2.8
1a)現状の建設   1.04 不適合  2.9 不適合
5)屋根断熱 t=160 0.87 適合   2.4 適合
6)ログ材 t=130  0.81 適合   2.5 適合

20150606_2.jpg

●使用したシートとプログラム
1)外皮計算
「一般社団法人住宅性能評価・表示協会」作成
 外皮性能計算書(Ver 3.0)
 ※木造戸建て住宅(標準入力型) 2003gaihi_ver3.0.xls
2)一次エネルギー消費量計算
「国立研究開発法人 建築研究所」HP
 住宅・住戸の一次エネルギー性能の判定プログラム(Ver 1.14.1)
--------------------------------------------------------------------------------
注)U値とは熱貫流率のことで熱の伝えやすさを表した値で、[材料の厚さ]÷[熱伝導率]で算定
Ua値※1 :外皮平均熱貫流率 {W/(uK)}
冷房期※2:冷房期の外皮平均日射熱取得率

◆各値の計算レポートは八ヶ岳ホルツハウスセミナーに近日掲載
 http://tirolhaus.com/seminer/report1.html
posted by tirolhaus at 15:23| ログハウスの勧め