2017年09月06日

ログハウスのカビ取り

1114_02.jpg

 月に1・2回 管理に出向く築25年経過するログハウスでは、風通しが悪く湿度が高くなった時にカビ臭いにおいが少し気になるため、1ヶ月前から一部屋ずつ順番に木部保護を兼ね壁面にホウ酸塩防腐防蟻剤を塗り始めていました。
 本日のNHK「あさイチ」では今年は雨が多く室内のカビも多いと番組で報じられ、先週ログハウスに訪れたとき、建物の北東側の個室に初めてカビが発生したのもうなづけます。
 カビは、北面の腰壁に径3・4mmくらいの白っぽいものが4・5ヶ所見つかり、カビ取り強化剤を入れ、壁面を雑巾で拭いてから12%に薄めたホウ酸塩防腐防蟻剤を刷毛で塗布しました。
 ※床板は雑菌からの汚れ防止を兼ね2年前に塗布していたため今回は中止
 カビ取り強化剤を入れたために塗布直後は消毒したプールのような臭いがしていましたが、約3〜4時間ほどで臭いも気にならなくなり、夜も快適な睡眠をとることができました。
 尚、1月前に塗布し、以前少しカビが発生した予備室(物干し部屋として使用)では、今回カビは見つかりません。

[ホウ酸塩防腐防蟻剤情報サイト]
 http://kominka.yanoss.jp/eco/
posted by tirolhaus at 10:49| 家づくり情報&雑学