2018年04月24日

ログハウスの雨漏り

 先日、再放送の2時間ドラマで目にとまった伊豆のログハウスは、建物の外観はきれいなハンドカットで内部も迫力のあるログ面壁に囲まれていましたが、ログのノッチ(交差部)に雨漏りによるシミが目立ち気になっていました。

 ログハウスには雨漏りなどの事故が多く、遠方へよく修理などに出向くことは業者の方からよく聞いており、インターネットで調べてみたところ、
「最大のデメリットは雨漏り」、「困った雨漏り」
など、多くのタイトルにヒットしました。

 私自身もショールームを兼ねたログハウスを25年前に立てて管理していますが、雨漏りを含む建物の事故はなく、外壁に撥水材などを自身で塗り足したのみで、まったく手間のかからない建物だと思っていました。他のログハウスとの違いを考えてみたところ、屋根の軒の出は深く(1.2m)、雨仕舞を無視し簡単に取付けている木製建具を保護しているだけと思っていましたが、建具だけでなくログ材のノッチからの雨漏りを防いでいたことにも気づかされました。

 屋根の軒の出を深くすることは土地の制限などもありますが、建物を雨漏りから保護するだけでなく太陽からの熱を外壁にあたる量を減らし省エネにもつながるなど、住まいとしてのメリットも多くなります。これからログハウスを検討されている方は、屋根の軒の出が大きくことをお勧めします。

 また、ログハウスの交差部や古民家など、無垢木材を表した建物の雨漏りによるのシミをそのままにしておくと、腐朽菌が増殖し木材にダメージをあたえ防腐処理が必要になります。私自身おこなっている簡単に処理する方法として、スプレーヘッドを付けた500ccペットボトルにホウ酸塩(防腐防蟻剤)の処理液を入れ常時備えておき、雨漏り見つかったら箇所に噴霧する方法で、シミの色も若干落ちました。

1114_02.jpg

※写真は深い軒の出のログハウス、20年経過した時点から黒く色焼けした外壁にホウ撥水材を加えたホウ酸塩防腐防蟻剤を水洗後に上塗り。

【防腐処理スプレーの作り方】
http://kominka.yanoss.jp/eco/01_dot/dot2_33work_500cc.html
posted by tirolhaus at 11:13| ログハウスの勧め

2015年06月06日

ログハウスの2020年省エネ対策

20150606_1.jpg

N0.4の計算結果

 2020年の省エネ基準に基づく無料の外皮計算フォームを使用し、23前に建設した八ヶ岳のショールーム(マシンカット)をベースに基準にあわせたログハウスの外周壁補強方法を検討ログハウスの外壁補強方法をシュミレーションし、算出した暖房一次エネルギー消費量から年間灯油代で比較し、毎年の差額で建設増額を補足することを確認しました。
 快適に暮らすため省エネ基準が実施される2020年以前のログハウス建設にも検討していただければと思っています。

●建物概要
150113_3__800x600.jpg

建設地 長野県諏訪郡原村
構造 木造丸太組(Dカットログ t=92)
規模 地上2階(100.42u)、地下1階(71.75u)
地域区分 3  ※基準Ua値 0.56 w/uK
●ログハウスの断熱補強
        Ua値※1 判定  暖房消費量 年間灯油代(\100/Lとして算定)
        (w/uK)     (MJ/戸年)
基準値      0.56
1)現状の建設   1.04 不適合  78,651  \212,570  (差額)
2)壁断熱材 t=60  0.50 適合   49,161  \132,867  \79,703
3)壁断熱材 t=80  0.46 適合   46,362  \125,205  \87,365
4)壁断熱材 t=100 0.40 適合   42,129  \113,862  \98,708  ※屋根断熱120
※No.3,4は北海道など地域区分1の建設基準に適合

●参考 地域区分 6 (愛知県など)でのログハウス建設
        Ua値※1 判定 冷房期※2 判定
 基準値     0.87      2.8
1a)現状の建設   1.04 不適合  2.9 不適合
5)屋根断熱 t=160 0.87 適合   2.4 適合
6)ログ材 t=130  0.81 適合   2.5 適合

20150606_2.jpg

●使用したシートとプログラム
1)外皮計算
「一般社団法人住宅性能評価・表示協会」作成
 外皮性能計算書(Ver 3.0)
 ※木造戸建て住宅(標準入力型) 2003gaihi_ver3.0.xls
2)一次エネルギー消費量計算
「国立研究開発法人 建築研究所」HP
 住宅・住戸の一次エネルギー性能の判定プログラム(Ver 1.14.1)
--------------------------------------------------------------------------------
注)U値とは熱貫流率のことで熱の伝えやすさを表した値で、[材料の厚さ]÷[熱伝導率]で算定
Ua値※1 :外皮平均熱貫流率 {W/(uK)}
冷房期※2:冷房期の外皮平均日射熱取得率

◆各値の計算レポートは八ヶ岳ホルツハウスセミナーに近日掲載
 http://tirolhaus.com/seminer/report1.html
posted by tirolhaus at 15:23| ログハウスの勧め

2015年04月03日

建物燃費計算の活用

150113_3__800x600.jpg


※軒の深さ120cmの建物では、外壁にあたる日ざしが減り夏季の室温上昇を防ぐ

 国土交通省が実施する省エネ基準が2020年から300u未満の建物にも適用され、マシンカットのログハウスではログ材の巾を今よりも大きくしたり断熱材を設置することで基準をクリアーすることができます。ログハウスなど無垢材でつくる「木の家」は、木の蓄熱性や調湿性で冬暖かく夏涼しい住空間をつくることができるため現時点の造りで十分だと思っていますが、日本ではログハウスに関する緩和(注1)が無いため省エネ基準に合わせて建設する「木の家」はゼロエネルギー住宅に近づくレベルの高い省エネ住宅をになりコストアップは避けられません。

 2020年の省エネ基準では、建物から逃げる熱エネルギーを「外皮平均熱貫流率」をU値(注2)から算出するため一般の人はもちろんのこと建築のプロでも理解しづらい方が多いと思われます。長野県では2020年の省エネ基準に先立ち、4月から「環境エネルギー性能検討制度」が始まり300u未満の建物で性能検討義務が求められ、建物が消費する光熱費を「建物の燃費計算」などで算出しクライアントに説明していくことになりますが、断熱材の設置など建物の省エネ対策に関する理解しやすい方法で、建物の建設計画時点で活用していけばクライアントに信頼性の高い建物を提供できると思っています。

 特にコストアップで建設数が確実に減少していくログハウスでは、木の利点を生かした計算には考慮されていない蓄熱性や調湿性などの実測値を補正した光熱費で算出し、冷暖房機器の設置費用や光熱費が減ることによつて建設費のコストアップをカバーできることを事前に知ることができ、さらに使用するエネルギーが減り冷暖房少なくなることで、湿度のとりすぎなどで健康面にもたらす悪影響を減らす効果があるため、基準前にログハウスの建設を考えられているに方も、長寿命である「木の家」の利点を生かす上でお勧めします。

 事務所では蓄熱効果や断熱材の設置方法や軒の深さなどで建物の燃費計算を補正する方法を、(独)パッシブハウス研究所が認定するドイツ人のコンサルタントの協力を得て、建物のプランニングアドバイスに消費エネルギーサポートを加え、ログハウスなど「木の家」の建設を広めるためセミナーや勉強会などを実施して、レベルの高い健康的なエコ住宅が増えていくことに期待しています。

20150403_02.jpg 20150403_03.jpg 20150403_04.jpg

※左から室内側にグラスウール、木質系断熱材を設置、右は外断熱工法と、ヨーロッパのログハウスメーカーの中にはバリエーションが揃っている。

◆詳細サイト
 八ヶ岳ホルツハウスセミナー
 http://tirolhaus.com/seminer
posted by tirolhaus at 09:39| ログハウスの勧め