2017年04月06日

スピーカーの修理に挑戦

20cmSPback.jpg


 40年ほど前に購入したイギリス ローサー社(LOWTHER PM-6)の20cmスピーカーのエッジが劣化したままの状態で見つかり、修理先をネットで探したが、「古いスピーカーのためエッジ交換以外に修理箇所がする場合が多い」と断られたため、自作したバックロードホンのエンクロージャーに取付くスピーカーを探し半年ほど使用していましたが、セーム皮エッジの交換が個人でもできることがネットで知り、ボイスコイルやダンパーなど他の部分の自作方法などを調べ、修理に挑みました。

 幸い、ローサー社のスピーカーはネジを外すだけで分解でき、断線箇所のハンダ付け1ヶ所と、セーム皮でエッジとダンパー(※1)を貼替え、エンクロージャーに取付け無事鳴らすことができ、廃棄処分になるスピーカーから音が出ただけで満足しています。

※1)セーム皮でダンパーを作ることはネットにも掲載されていませんでしたが、ローサーの交換用のエッジがダンパーが一体となった写真が掲載されていたため取り付けてみましました。
※エンクロージャーの製作図は1年前にブログ掲載
【追記】2018/03/04
 セーム皮でダンパーのせいか小さい音しか出ないため、ネットオークションより手に入れたコルゲーション・ダンパをカットして、コイル巻(0.14mm,2層)きやコーン紙、セーム皮エッジを取替え、満足する音量のスピーカーに直すことができました。
posted by tirolhaus at 15:03| その他

2017年02月26日

アーシングで消えた足裏の魚の目?

20170225_1.jpg


 昨年7月、知り合いのオーストリア人に勧められ高血圧対策として「アーシング」を試しており、毎朝計測する血圧は「落ち着いている」ています。

 高血圧対策では身体的な変化があまりわかりませんが、アーシングマットをパソコンデスクと敷布団の足元で使用し、足裏への血行が良くなったせいか、5年前から急に増えた両足の足裏の魚の目?(たこ?いぼ?)がほぼ消えて喜んでいます。

 アーシングマットは夏は裸足でのせることができましたが、寒くなった11月頃からはやや薄い靴下であれば、足裏からの発汗でアーシングできる靴下もあり利用しています。また、敷布団の足元に置いたアーシングマットは布団に入った数時間は冷えたままですので、湯たんぽをアーシングマットの上に乗せて使用しています。

【アーシング掲載ホームページ】
http://tirolhaus.com/bio/elek/elek3.html
posted by tirolhaus at 18:16| その他

2016年10月19日

アンティークのカッコー時計

20161018_1.jpg

 1年半ほど前に手に入れたアンティークのドイツ製カッコウ時計(日本では鳩時計)は、入手時修理に出したものの歯車のかみ合わせが悪く、修理屋さん泣かせで時間がかかり、先日やっとなおってきて事務所の玄関に飾ることができました。

 この時計は、4年前に小さなカッコウ時計を初めて見たとき手の込んだ木彫りの技術に魅せられ、古時計の蒐集家の方に探していただいた2台のうちの1台で、国内製の鳩時計とは、葉っぱやカッコウなどの木工部が平面的な国産と異なり、柔らかな丸みがあり丁寧に木彫り加工されています。

 又、本業の設計で支援している輸入住宅が、ドイツの黒い森の工場で時計と同じドイツトウヒの無垢板パネルを加工していることもあり、1台は支援する輸入住宅の本社が近い八ヶ岳の展示企画室に飾る予定でいます。

1)ドイツ製カッコウ時計

20161018_2.jpg


2)2)チェコスロバキア製ムーブメントのカッコウ時計

20161018_4.jpg

3)日本製はと時計

20161018_3.jpg


※カッコウ時計は、1783年、ドイツで発明され、シュヴァルツヴァルト(黒い森)地方で普及されたたと伝えられており、昔、カッコウ時計が輸入されたとき、カッコウの別名が閑古鳥と縁起が悪いと鳩時計に変えられたという説があるようです。
posted by tirolhaus at 13:44| その他