2017年02月26日

アーシングで消えた足裏の魚の目?

20170225_1.jpg


 昨年7月、知り合いのオーストリア人に勧められ高血圧対策として「アーシング」を試しており、毎朝計測する血圧は「落ち着いている」ています。

 高血圧対策では身体的な変化があまりわかりませんが、アーシングマットをパソコンデスクと敷布団の足元で使用し、足裏への血行が良くなったせいか、5年前から急に増えた両足の足裏の魚の目?(たこ?いぼ?)がほぼ消えて喜んでいます。

 アーシングマットは夏は裸足でのせることができましたが、寒くなった11月頃からはやや薄い靴下であれば、足裏からの発汗でアーシングできる靴下もあり利用しています。また、敷布団の足元に置いたアーシングマットは布団に入った数時間は冷えたままですので、湯たんぽをアーシングマットの上に乗せて使用しています。

【アーシング掲載ホームページ】
http://tirolhaus.com/bio/elek/elek3.html
posted by tirolhaus at 18:16| その他

2016年10月19日

アンティークのカッコー時計

20161018_1.jpg

 1年半ほど前に手に入れたアンティークのドイツ製カッコウ時計(日本では鳩時計)は、入手時修理に出したものの歯車のかみ合わせが悪く、修理屋さん泣かせで時間がかかり、先日やっとなおってきて事務所の玄関に飾ることができました。

 この時計は、4年前に小さなカッコウ時計を初めて見たとき手の込んだ木彫りの技術に魅せられ、古時計の蒐集家の方に探していただいた2台のうちの1台で、国内製の鳩時計とは、葉っぱやカッコウなどの木工部が平面的な国産と異なり、柔らかな丸みがあり丁寧に木彫り加工されています。

 又、本業の設計で支援している輸入住宅が、ドイツの黒い森の工場で時計と同じドイツトウヒの無垢板パネルを加工していることもあり、1台は支援する輸入住宅の本社が近い八ヶ岳の展示企画室に飾る予定でいます。

1)ドイツ製カッコウ時計

20161018_2.jpg


2)2)チェコスロバキア製ムーブメントのカッコウ時計

20161018_4.jpg

3)日本製はと時計

20161018_3.jpg


※カッコウ時計は、1783年、ドイツで発明され、シュヴァルツヴァルト(黒い森)地方で普及されたたと伝えられており、昔、カッコウ時計が輸入されたとき、カッコウの別名が閑古鳥と縁起が悪いと鳩時計に変えられたという説があるようです。
posted by tirolhaus at 13:44| その他

2016年09月16日

住まいの電磁波対策とアーシング

 0円から始める(※1)ことのできる最近話題になりつつある?「アーシング」の単純な健康法に興味を持ち、関連書籍を読み、試しにアーシングマットを購入して使用してみました。

 短い試用期間ながら、10年以上高血圧を下げる薬を毎日飲み、毎朝血圧を計測している私にも若干の効果がみえたため、健康住まいづくりに役立てれないかと思い、以前からかかわる輸入住宅の確信を持てなかった電磁波遮断性能が、アーシングを併用することで電磁波の人体への影響が軽減され、建物の電磁波遮断効果を生かせる効果として実感しています。

1)無垢板パネル(185mm〜)ハウスの電磁波遮断効果

20160917_21.png


2)家電からの電磁波をアーシングで軽減

20160917_22.png


※1)アーシングは人体に蓄積された静電気を地球に逃がすことが基本で、裸足で土の上を歩くことから始まったようです。


【掲載ホームページ】
http://tirolhaus.com/bio/elek/elek1.html

※「八ヶ岳ホルツハウスセミナー」のテーマの一つとして実施します。
http://tirolhaus.com/seminar/
posted by tirolhaus at 13:56| 集成パネルの家